茨城県および茨城近郊めぐりのブログ 思ったこと、感じたこと、自由・気ままにわがままに♪

吉原殿中@前田屋製菓

前田屋製菓
前田屋製菓20141222001
再度 吉原殿中について
前田屋製菓20141222003
吉原殿中の名称の由来
江戸時代、水戸藩9代藩主・徳川斉昭の時代に奥女中の吉原が残ったごはん粒を乾燥させ焼いてきな粉をまぶして作ったのが始まりとされている。

使用原料 もち米 水飴 砂糖 きなこ
前田屋製菓20141222004

県外の方には馴染みがないでしょうね
袋を開けてみました。

前田屋製菓20141222005
割ってみました♪
味は・・・・
ぜひ 味わってみてください

☆商標は、1963年(昭和38年)10月7日に水戸菓子工業協同組合が出願、
1965年(昭和40年)1月14日に登録された、登録商標(第664129号)である。
同組合に加盟する企業および菓子店(井熊総本家、亀印製菓、あさ川製菓、菓舗もとや、吉田屋、前田屋製菓)のみが使用することができる。

以上のようになってますが
井熊総本家、亀印製菓、あさ川製菓 のものが良く「駅」や「パーキング」「お土産や」さんなどで目にする吉原殿中でしょう

もし物足りなかった人 もっと美味しいものを(好みもありますが)なら
お奨めは ここ【前田屋製菓】です。
【菓舗もとや】さんは未食なの すいません。
なお 【吉田屋】さんも美味しいと言われ人気店ですが
後継者がなく 今職人さんが一人で作っているそうなので
予約のみで販売 この年末は一か月以上待たされる事もあるそうです。
親父たちは 食べているのですが(自分もきっと昔に食べているのでしょうが(汗))
どれだけの差があるのかはわかりません(;^^A
機会があれば 食べ比べてみたいですね

※まだ未食の方は【前田屋製菓】さんも 地方発送もなさっているようなので
直接 確認なさってはいかがでしょうか?




住所    水戸市上水戸1-8-21
電話番号 0292212468
FAX番号 0292212468
営業時間 8:00〜19:00
休業日   毎週水曜日、第4木曜日
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://yasuraginomelody.blog78.fc2.com/tb.php/1237-4825f91e
<< 蔵+蕎麦 な嘉屋 | TOP | 海鮮どんぶり亭(2) >>