茨城県および茨城近郊めぐりのブログ 思ったこと、感じたこと、自由・気ままにわがままに♪

月の井@月の井酒造

月の井20141215001
茨城県の酒造めぐりなどしてみようかなぁ~なんて思ってみたのですが
あまりアルコールに強くないし 日頃ビール(発泡酒)ONLYですから(;^^A
それでも ちょっと出かけたついで 酒造を見つけたら ちょこっと寄ってみたり
スーパーや酒屋さんで 地酒コーナーを覗いて 味見程度の購入してみたり

日本酒って奥が深いですね
大きく分けると
米だけを使用した
「純米酒」「特別純米酒」「純米吟醸酒」「純米大吟醸酒」
醸造アルコールが
「本醸造酒」「特別本醸造酒」「吟醸酒」「大吟醸酒」
に分けられ
お米をどれだけ削ったかの割合である“精米歩合”で分けると
精米歩合70%から60%の間が  本醸造酒、純米酒
精米歩合60%以下になると   特別本醸造酒、特別純米酒
 なお精米歩合60%以下のお酒のうち 特別に吟味をして低温じっくり造ったもの(吟醸造り)を「吟醸酒」
 純米酒でこの吟醸酒の条件を満たしていると「純米吟醸酒」
精米歩合が50%を切った吟醸造りのお酒が 大吟醸酒 
 純米酒でなおかつ大吟醸だった場合が純米大吟醸酒
※通常 食する白米は、精米歩合にすると90%ぐらいだそうです。

醸造アルコールも昔は 異物混入のようなイメージ(ごめん)
でお酒を薄めているイメージ(年配の人の話などから)
でしたが 今は 入れていい醸造アルコールの量が決めらていて
入れることで お酒の味が淡麗 なおかつすっきりになったり
香りを引き出したりするそうです。
よく賞をとったりするお酒は 大吟醸などで 香りや旨味を引き出させてそれが評価されているんですね

本来の酒の味がわからない私のような者は 無難な純米酒系になってしまいますね(;^^A
そんな わけで 皆様の参考になるような投稿にはなりませんが
手頃な価格で 味わってみた地酒を記録していきます(紹介ってほどじゃないので(汗))


今回は月の井酒造の《月の井 純米》

社長の坂本敬子さんの《さいごの約束》という先代との闘病記が 舘ひろしさんと安田成美さん主演でドラマにもなりました。

■TEL 029-266-2168
■住所 大洗町磯浜町638
■営業時間 9:00~17:00
■定休日   年始元旦

月の井酒造
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://yasuraginomelody.blog78.fc2.com/tb.php/1234-dd4cf38b
<< 海鮮どんぶり亭 | TOP | ポークジャーキー@ポケットファームどきどき >>