茨城県および茨城近郊めぐりのブログ 思ったこと、感じたこと、自由・気ままにわがままに♪

茨城の苺♪

苺20150128003
お店で見つけた《茨城のいちご》
苺20150128005
ちょっとピンク色のかかった“白いいちご”《淡雪(あわゆき)》
苺20150128001
見た目で楽しめる“白いいちご”
見た目は味も薄く感じるかもしれませんが なかなか普通に美味しいです♪

苺20150128004
そしてお奨めが
いばらキッス
苺20150128002
写真はボケちゃったけど 味はボケてません(;^^A
マジ 甘い~♪
まだ 市場に多く出回っていないようですが 見かけたらぜひ 食べてみてください♪
今ままで 一番甘いかもしれません(^0^)/



いばらキッス(茨城県農業総合センター)
スポンサーサイト

これなんだ?

これなんだ?
楽市20130603001

涸沼のしじみ
楽市20130603005

購入は
「楽市直売所」

楽市20130603003
場所は?

住所   茨城県鉾田市箕輪2724-1
営業時間 10:00~16:00(土日祝 17:00まで営業)
電話   0291-37-3470 
F A X 0291-37-3490
定 休 日 木曜日


価格は?楽市20130603002

厚さ:3cm以上がキングサイズ
厚さ:2cm~2.5cm以上 特大
厚さ:1.5cm~2cm以上 大粒

※冷凍にすることで、オルニチンが約8倍、コハク酸が約2~3倍に増加します。




涸沼のしじみ

涸沼のしじみ
日本三大 しじみ(宍道湖・十三湖・涸沼)

なんでもかんでも 3大が好きな日本人(;^^A
しかし 「しじみ」にも3大があるなんて知りませんでした(汗)
小さい頃から 「しじみ」と言えば 『涸沼』でしたので 地元ですもんね(笑)
今年最初の「しじみ」ということで 『涸沼』まで行ってきました。

楽一20130110001
涸沼は 茨城町・大洗町・鉾田市に面しておりますので
水戸からだと 茨城町側で購入して帰ることが多いのですが
本日は 鉾田側 《涸沼いこいの村》のすぐ近く【涸沼のしじみ楽市直売所】は行ってきました♪

楽一20130110002
楽一20130110003

※本日 木曜日でしたが 
ラッキーなことに 「しじみがあるので 店開けてます」
ということで 購入できました♪ 良かった(^0^)v
問合せして行くと良いかもね


住所  茨城県鉾田市箕輪2724-1
電話  0291-37-3470
営業時間10:00~16:00
定休日 木曜日

サイト
楽一

※本日 木曜日でしたが 「しじみがあるので 店開けてます」
ということで 購入できました♪
問合せして行くと良いかも(^0^)V

落花生専門店 味の老舗 いしじま

落花生専門店 味の老舗 いしじま
いしじま20121013001
今日のお土産は 落花生♪

牛久・竜ケ崎方面へ来るとやっぱりここで落花生を購入♪
きっと一番喜ぶのは セキセイインコの“ハッピー”でしょう♪

ハッピー20120912001

落花生専門店 味の老舗 いしじま

落花生専門店 味の老舗 いしじま

いしじま20120504001
〒300-1214 茨城県牛久市女化451
  TEL:029-872-0079

いしじま20120504002



らっかせいは南米のアンデス原産で、16世紀の新大陸発見後、世界に広まりました。
日本では、明治7年に政府がアメリカから種子を導入し、栽培を奨励しました。
なお、それに先立ち明治4年に横浜の中国人から入手した種子で栽培が始まり、
その後、千葉、茨城、静岡、鹿児島などで栽培されるようになりました。

現在、日本の主な産地は千葉、茨城、神奈川などで、作付面積の7割が千葉県、
1割が茨城県でこの2県で全国の生産量の8割以上を占めています。

財団法人全国落花生協会HPより




落花生専門店 味の老舗 いしじま



  次のページ >>