茨城県および茨城近郊めぐりのブログ 思ったこと、感じたこと、自由・気ままにわがままに♪

高萩の滝めぐり

高萩の滝めぐり
県道111号 関根川から下君田の滝

前日 雨の予報でどうしようか?
朝起きて決めよう と一応地図で場所を確認して寝た(;^^A

朝起きたら ?まだ降ってない いくぞ!
急いで準備 8時過ぎにはインターへ♪

常磐高速で高萩インターへ

県道67号を左折 県道10号との交差点を直進
県道111号へ入り 車を走らせる
道が整備され道幅も広く安心して車を走らせるが
午後からの雨の予定が まだ9時を少し廻ったところなのに・・・
本降りになってきた(--;

橋の名前を確認しながら走行

関根川の小滝
小滝橋を目指し走行
橋の名前の位置がわかり辛い(;^^A

小滝橋を確認 車を停める
それほど交通量の無い道の為 心配はないでしょう

関根川の小滝は何処にあるのだろう?
傘をさし 雨を気にしながらの滝探し(;^^A
橋の下位置から川へ降りてみる

関根川の小滝
川への道は踏み跡らしきものも無く
まだ雨にも濡れていない状態と
始めたばかりの為藪漕ぎで進む気も起きず(;^^A
橋の下周辺でパチリのみ(;^^A

橋の手前に車を停めたけど 橋の先に駐車スペース有り
雨じゃない日に再挑戦

関根川の大滝
すぐにあった大滝橋
車を発進させるとすぐに大滝橋

一旦左側の駐車スペースに車を停めたけれど
右側に降りる道 下に駐車場
車に注意しながら 横断して下へ降りる

関根川の大滝02滝の上に橋がかかり・・そんな写真を見ていたので
期待はしてなかったのですが りっぱな滝でした♪
もっと水量が増すと右サイドにも流れさらにすごいかも?
そんな大雨でもなんとか観に来られそうな滝でした


下君田
111号を直進して下君田へ向う
大滝に満足しており 期待を持っての走行
しかし この道沿いにはコンビ二も自販機さえ見つけられなかった(;^^A
飲み物だけは持参していて良かったけれど・・・

山桜で有名な松岩寺の手前に新橋
左折・・・・細い・・・ そのまま直進して
寺の駐車場をお借りして車を置き滝山の滝を目指す

350mぐらい歩き そして右折
600mぐらいの目安に歩き始める
車での走行は かなり厳しいかも?
4駆や慣れた方なら大丈夫でしょうが・・・

滝山の下滝
もうビショビショ(;^^A合羽の用意もしていたのですが
寒さもあって防寒着(多少の防水も期待していたのですが)
道を歩く事も考えて傘を頼りに進んだのですが
道の水溜りなどで靴はビショビショ(--;

しばらくすると 滝の音が聞こえてきた♪
下滝があった(^0^)

道から滝を見た写真
滝山の下滝101
確かに川へ降りれそうな道らしき所はあったけど
なかなかの急斜面 足場を確認しながら
横向きに注意しながら降りた。
私は滑った事を考え 山側に倒れられるように重心を置く
スキーと同じですね(^0^)V
それと大きめの立ち木を確認しながら
滑った時に掴まったり身体を止める為に
(登りの時は木に頼って休む)

敷き詰められた落葉と雨の為滑りやすくなっていて
神経を使いながら下へ降りた。

滝山の下滝102雨のせいか?水量もあり
下滝と言っても 別の滝みたい(^0^)

と言う訳で 下滝を上段と下部を別にアップ

雨で露出している岩でさえ滑りやすくなっており
危険を冒してまで歩き回るのを止め
行ける範囲での撮影に止めました

滝山の下滝103

滝山の滝
一度 道に戻って さらに100mぐらい進むと滝山の滝
その素晴らしさに 絶対降りて写真を撮りたくなって
注意して下へ降りた。
極端に云うと直降り どちらかというと登りが不安になる

滝山の滝102
滑る事無く無事に降りられ大満足♪
しかし 雨の日はやばいです(;^^A
飛び石で正面へ・・・
苔のない岩に乗ったら ツルり(--;
急いで隣の石へ・・・また ツルり(--;
両足は川の中(--;

雨で濡れたんだから・・・と自分に言い聞かせて(;^^A
せっかく 渡ったんだからと写真
戻る時 どうせ 川の中だと 覚悟を決めて・・・
でも 帰りは大丈夫だった(;^^A
どうして?どうしてなの?
靴はビショビショ(--;

水量と言い 風貌と言いなかなか素晴らしい滝でした♪

最終目的の上君田の滝へ
111号から22号へ 君田中学校の坂には融け残った雪(--;

直進して227号に すぐに橋のところを右折・・・・神社の鳥居が目印になります。

曲がってみたものの その先はなんとなくやばいかな?って 
一度県道に戻り橋の先に駐車スペースがあったので 歩いて行くことにした(;^^A
正解でした(^0^) 未舗装の道 鉄板にて補修された道(崩れたんでしょうね)
途中 道に雪があったり 車の走った後は有るけれど・・・
かなり滑りながらの走行だったみたいに 滑った跡
それに車体の低い車じゃ底を擦るでしょうね

しかし 濡れた服も靴も乾かず 雨は降り続くし・・・
寒い(--;
1kmぐらいだと思うけど やっぱり遠く感じました(;^^A

川を確認しながら進むのですが
川が道から離れるたびに高低差が広がるような(;^^A
下滝の所はかなり山道が高く 降りるには急斜面
地盤は雨のせいか崩れやすそうな感じ
一旦諦めて 上滝へ

上滝
ここもかなりの高低差(--;
しかし どうせビショビショ(;^^A
滑ったら滑ったで・・・そんな気持ちで下まで降りました♪

上君田の滝上滝
満足♪

そこから下滝へ・・・

沢沿いは 滑る不安で 崖を登りながら下流へ向ってみた

上君田の滝下滝

ここからさらに下流に向って行けば降りられるかも?
しかし足下も滑るし 雨に濡れて寒いし・・・
時計を見るとPM1:00 お腹も空いたし
足腰もだいぶ疲労(;^^A 雨と川に入って靴も重い
ジーパンの裾もビショビショ 
今回はここで 終了することに

満足な滝めぐりでした♪

帰ってみたらリュックの中まで水が滲みていました
カメラを出したり タオルを出し入れもしたし
傘をさしても雨にあたるし もちろん合羽でも同じだね

今度は防水スプレーを絶対かけ忘れないようにしよう(;^^A

スポンサーサイト

笠石の滝めぐり

笠石の滝めぐり

国道349号を北上 常陸太田市(里美地区)

県道245号線へ右折 里美牧場 プラトーさとみの看板を目印に進む

妙見山方面になるのかな そんなに広い道ではないのですが きちんと舗装されております。

しばらく行くと別れ道に

70mejirusi05.jpg

右折して笠石集落を目指す  

山道に上ったり下がったり・・・しばらく走ると民家が見えてくる♪笠石集落かな?

坂を下って 右? 先へ行ってUターン 左 下の道へ進んでみる

70mejirusi03.jpg

私はここで車を停め川に沿って 山を下るように進んだが

70mejirusi01.jpg

此処から 砕石の道になるが 徒歩5分ぐらいの所に車を置けそうな場所があります。

この橋の手前に2箇所ぐらい車を置けそうなところもありますから

ここで停めて歩き出して良いかも(^0^)v

実際の遊歩道は 此処から5分ぐらい

薄葉沢の滝から 遊歩道の入り口までの帰り道は約30分ちょっと
滝を見ながら 道を下ったので1時間半~2時間は費やしたかなぁ
帰りはちょっと雨もちらついてきたので まっすぐ上がって30分ちょっとでした。
時間の参考になったかな?
 

5分ぐらい歩いて『笠石の滝頭』の 看板を見つけた時の感動!!
kasaishi00.jpg

この道で良かった♪ 不安感から 安心感へ そして満足感へ♪

笠石の滝頭
kasaishi04.jpg
滝頭とはいっても なかなかの水量と流れ(^0^)

笠石の滝
20kasaishi05.jpg
この滝は遊歩道から観たのですが

下へ降りるのはちょっと勇気が(--;

笠石の下滝
kasaishi34.jpg

ここまでは セット(笑) 次から次へ♪
沢に下りてちょっとのんびり♪
ここの近くで 5㎝ぐらいのスズメ蜂 かなり注意をしながら(--;

ここからちょっと勾配がきつめになりますが
杖が必要なほどではないので大丈夫♪
遊歩道を整備 伸びた木の枝など刈り込んでくださっていたので
かなり楽な道のりでした♪

ちょっと間隔が空いてしまって ??って思いながら・・・
引き返そうかなぁ って思い始めた頃に

滑り滝
kasaishi47.jpg

早瀬の滝
50kasaishi03.jpg

そして 薄葉沢の滝
薄葉沢の滝
kasaishi64_20110111190936.jpg


満足の6滝の旅(笑)